ゴルフ練習広場

ゴルフ練習法「素振り」に関する考え方

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「素振り」

ゴルフ練習法「素振り」

ゴルフ練習法 家で練習できるゴルフ練習法と言えば、「素振り」と「パター練習」です。このページで紹介する「素振り」に関して、ただ闇雲に振っているだけでは上達しませんし、変な癖もついてしまう可能性もあります。特にまだスイングも固まってない初心者の方が家で数多くの素振りをした場合は、変なクセが付いてしまう可能性あります。

ではどのように練習したら効率良く練習できるのでしょうか


上級者のスイングを良く見ること

素振りをしているとフォームが崩れてしまうことがあります。これを防ぐにはしっかりとしたイメージを持つことです。まずは上級者の動画をしっかりと見て、綺麗なスイングのイメージをしっかりと持つことが大事です。

下に日本トッププレイヤーである石川遼選手のスイング動画を載せます。

ドライバーのスイング

アイアンのスイング(スローモーション)

綺麗なスイングを見たら次は、グリップです。

グリップを安定させる

グリップ 次に重要なことは、グリップをしっかりと定着させることです。グリップが微妙に違うだけで方向性は凄く違ってくるものです。ゴルフ練習場などで毎回違う方向に飛んでしまうと言う方はグリップを安定させると直る場合が多いほどグリップは重要です。

そこで、素振り練習法で重要なことはしっかりとしたグリップを意識するということです。左の写真はゴルフのグリップを安定させるための道具で、持つだけでグリップの基礎が分かると言うものです。私も時々これを握ってグリップが変化していないかをチェックしています。

グリップを安定させることが、安定した方向に飛ばす近道でもありますので、これを意識して素振りを行ってください。

最後はひたすら素振りして筋力UPを目指す

素振りの最大の特徴は以下の2点です。

安定したフォームを身につける

体全体の筋力アップ

素振りは安定したフォームを身につけることと、筋力アップが目的です。安定したフォームが身に付けば毎回思っても見ない方向に飛ぶということは極端に減ります。また、筋力アップによって飛距離も向上します。私の周りにも素振りをしっかりとしている方は飛距離に自信がある方が多く、高校野球の素振りと同じで、後から確実に力になると思います。

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.