ゴルフ練習広場

初心者の最適な練習は「ショートコース」

ゴルフ練習広場 > ショートコース

ショートコースの特徴

ショートコース ゴルフ場は平均300〜400ヤードが一般的ですが、ショートコースは平均100ヤード程度のコースです。初心者の方はぜひ最初はショートコースを回ることをオススメします。練習場である程度練習しても実際に回ると全然違うものです。具体的には、練習場のマットで打つのと実際の芝生で打つ感覚は全く違います。また、傾斜もありフラットな面で打つ時とはボールの飛び方が異なります。また、バンカーやパターなどの練習にもなりますので、最初はショートコースでゴルフとはこんなものかという感覚を身に付けるためにも非常に効果的だと思います。

また、上級者の方でも楽しめるのがショートコース。ゴルフ場で一番苦戦するのがグリーン回りですよね。その練習になるのがショートコースで、グリーン周りに強くなれば自ずとスコアアップにも繋がります。それではショートコースの素晴らしさについて語っていきたいと思います。

アプローチ・バンカー・パター練習に最適

上述したとおり、ゴルフのスコアアップはグリーン回りが非常に重要です。アプローチやバンカーに自信が持てればそれだけでかなりのスコアアップに繋がるでしょう。ゴルフの練習場ではなかなかグリーン回りの練習は出来ませんが、ショートコースではグリーン回りの練習がし放題!ショートコースをたくさん回って自信を付けましょう。

お手軽な値段

ゴルフ場を一日回るのには1万円〜2万円程度掛かるのが一般的ですが、ショートコースは平日であれば3000円程度で回れるところも多く、非常にリーズナブルです。リーズナブルな上に実際の芝生やバンカーなどが有り、ゴルフの練習をするという点から言えば、ゴルフ場を回るのと大差ありません。初心者の方はまずショートコースを回り、ゴルフとはこういうものという感覚を身に付けてみてください。その点では最適なのがショートコースと言えます。

ロングコースがあるコースも有ります

ショートコースは一般的に100ヤード前後のコースから成り立っていますが、場所によっては200ヤードを越えるコースもあり、ドライバーが打てるコースもあります。これはショートコース次第という感じですが、傾斜のきついコースが多いところや、ドライバーやロングアイアンを要するコース、池越え有りのコースなど、ショートコースと言えどもゴルフ場と大差ないショートコースもありますので、色々行ってみるととても楽しいと思います。

初心者の方はまずショートコースへ

ショートコースのススメまだコースを回っていない初心者の方はまずショートコースを回ることをオススメします。ゴルフ場の感覚を知らない初心者の方が、いきなりゴルフ場に回ると一緒にラウンドするメンバーに迷惑が掛かる事が多いです。それは打数をたくさん打ってしまって時間が掛かるため他のメンバーが気持ちよくプレー出来ないといったことや、ボールを探す時間ばかりが増えて他のメンバーが疲れてしまうということもあります。

その点ショートコースは、お手軽さも手伝って非常に気楽にプレーすることが出来ます。一緒に回る人も特に気にせず和気藹々とプレーしてくれるものです。ゴルフ場の感覚を手軽に得ることが出来ますし、初心者にとっては何よりの練習となるので、最初はまずショートコースで練習してみるのが良いと私は考えています。

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.