ゴルフ練習広場

ゴルフ場での間違いやすいルールについて解説します。

ゴルフ練習広場 > ゴルフルール「基本」

ゴルフルール

ゴルフルール ゴルフには様々なルールがあります。それは公平にゴルフを進行するためにあります。ゴルフのルールをしっかりと覚え、公平なスコアを競いましょう。

今回は特に間違いやすいルールについて解説していきます。勘違いしてないか皆さんも確認していきましょう


バンカー練習はNG

ゴルフルールバンカーバンカーでは練習してはいけないと言うことは結構知られていると思いますが、これはバンカーに限ったことではありません。バンカーなどのハザード内でクラブのソールを地面に接地させてもいけません。もし、ハザード内でクラブソールを地面に接地させると2打罰となります。

また、バンカーに入ってしまった場合は、近くのバンカーで練習などもしてはいけません。


ルースインペディメント

ルースインペディメント 木の葉や、虫などの障害物(ルースインペディメント)は球が動かなければ、取り除くことが出来ます。しかし、バンカー内の障害物は取り除くことは出来ません。万が一取り除いてしまった場合は2打罰となってしまいます。もちろん、木の葉を取り除く時にボールは決して動かしてはいけません。


アンプレヤブルの処置

アンプレヤブルハザード以外でもボールが打てそうにない場合はいつでも自分の意思でアンプレヤブル宣言が出来ます。アンプレヤブルを宣言した場合は1打罰の元、以下の処置が可能です。


1. 元に位置に戻って打ち直す
2. 2クラブ内以内にドロップ
3. 球とホールを結ぶ後方線上でホールに近づかない場所にドロップ

2クラブ以内にドロップ以外にも元に位置でもう1回打てたり、後方へドロップしたりすることが出来ます。

フェアウェイに埋まったボールの処置

フェアウェイ上でのボールの処置 フェアウェイ上ではボールが埋まった場合や、他人のショットで掘れた穴などに入ってしまった場合は、無罰で出すことが出来ます。その場合は、元の場所のすぐ近くに置くようにしましょう。


グリーン上の球に当たったら?

グリーン上の球 グリーン上から打った場合は、グリーン上にある他人の球に当たった場合、2打罰となります。当たりそうな場合は必ずマークしてもらうようにしましょう。

また、グリーン外から打った場合はグリーン上にある他人の球に当たった場合は罰にはなりません。


Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.