ゴルフ練習広場

ゴルフ練習「パター」の練習方法

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「パター編」

パターの練習方法について

パターの練習方法 パターはゴルフ場で一番振るクラブです。ドライバーで300ヤード飛ばすのも、30cmのパターも同じ1打であり、パターの上達はスコアに直結する重要な要素です。

パターの上達にはコツがあります。パターはセンスだと思っている人がいますがそれは間違い。芝の目やライン読みは二の次で、まず距離感と方向性安定させることが第一優先項目なのです。またその距離感と方向性に関しては練習次第で必ず上達します。


パターの打ち方を解説

下記にパターの適切な打ち方を解説した動画を紹介します。
動画製作元:サイエンスゴルフアカデミー(Science Golf Academy)


パターの打ち方

ボールは左足側に置く

パターの時はボールを左足側にセットします。これはカップを見やすくするために行います。

フォロースルーは右肩を下げながらストローク

パターの打ち方はアイアン、ドライバーとは異なります。パターの打ち方はフォロースルーに有ります。フォロースルーの時に、右肩を下げながらストロークしましょう。こうすることによって方向性の安定と綺麗な順回転が得られるためきれいな球筋になります。

自分の距離感を把握する

動画の中で実践している自分の距離感を把握する方法は非常に効果的です。私もこれを見て実践しましたが、パターの距離感は格段に良くなりました。自分の基準となる距離を正確に把握することで、距離の調節は簡単に行えますし、3パットの確率がかなり減ることにも繋がります。

距離感はクラブの上げる速度で調節

パターの距離感を調節する場合はクラブのテイクバックの速度で調節しましょう。これはアプローチの時と同じです。テイクバックを早くあげることで遠くへ飛ばす。逆にゆっくりあげることで距離を短くするという調節方法を心掛けましょう。

ゴルフ練習法一覧

ゴルフ練習法@「適切なアドレス習得」
ゴルフ練習法A「アイアン編」
ゴルフ練習法B「ドライバー編」
ゴルフ練習法C「アプローチ編」
ゴルフ練習法D「傾斜対応編」
ゴルフ練習法E「バンカー編」
ゴルフ練習法F「パター編」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.