ゴルフ練習広場

初心者がまず学ぶべきゴルフマナー「ラウンド中」を解説

ゴルフ練習広場 > ゴルフマナー「ラウンド中」

ラウンド中に気をつけるゴルフマナー

プレー中のマナーは色々あります。同じ組のメンバーや、前後の組と気持ち良くプレーするためにしっかりとマナーを守りましょう。このゴルフのマナーは基本的に他人の迷惑を掛けないことです。普通に考えれば常識的なことしかありませんので、しっかりと覚えておきましょう。

ラウンド時間を気にしましょう

ゴルフマナーゴルフは各組のスタート時間がある程度決められています。のんびりとプレーすると自分たちより後ろの組は遅くなってしまうため、後ろの組を待たせないようにプレーしましょう。たくさん打ってしまった場合はテキパキと走ってどんどん打つ!


他の組への迷惑を掛けない

前後の組への迷惑は失礼な行為に値します。前の組のすぐ手前までボールを飛ばすのは厳禁。必ず前の組まで届かない距離以上離れてから打つようにしましょう。

また、後ろの組が待ってくれている時はすぐグリーンを空ける努力をしましょう。カップインしたらすぐボールを抜き、旗を立ててグリーンを譲りましょう。

大きな声を出さない

スイング前に他人に迷惑の掛かる声は出さないようにします。スイング前でなくとも、他の組の迷惑にも繋がりますので、あまりはしゃぎすぎて大きな声を出してしまうと迷惑になります。気をつけましょう。

グリーン上では走らない、ラインを踏まない

グリーンはゴルフ場でもっとも丁寧に管理された芝です。グリーン上では必ず歩いて芝を痛めないようにしましょう。また、他人のライン(ボールからカップまで)を必ず踏まないようにします。ラインを踏んでしまいそうな時は、先に打たせるなどして回避します。またパッティングをする方に自分の影を被せないようにします。影になりそうな場合は少し遠ざかって離れます。

バンカーは整備して出る

バンカーは自分の足跡、スイングの跡が残ります。後続のプレーヤーのために必ず整備して出ましょう。

素振りはし過ぎない

ラウンド時間にも関わりますが、過度な素振りはラウンド時間の延長にも繋がります。せいぜい2回、出来れば1回程度の素振りでショットをするように心掛けましょう。

クラブは多めに持ってボールへ向かう

カートなどから予めクラブを選択してボールへ向かいますが、予め必要になりそうなクラブを持っていきます。途中でやっぱりもうちょっと短いクラブが良いなどとカートへ戻っていてはどんどん時間が掛かってしまいます。

予備のボールを持っておく

OBを入れてしまった場合はその場から、池へ入れてしまった場合は池の手前から再度打ちます。この時に次のボールをいちいち取りに行っていては時間が掛かります。他人の迷惑にならないように予め予備ボールをポケットに入れておきましょう。

ボールの探す時間は3分以内で

ボールが林の中へ入ってしまった場合は、探しすぎに注意しましょう。多分セーフな場所に落ちたとしてもない場合は諦めてワンペナルティ加算し、次のボールを打ち出します。

喫煙場所は注意

ゴルフ場での喫煙場所はゴルフコースによって様々ですが、プレー中に喫煙はNGです。またカート内のみ、カートかティーグラウンド以外はNGなど各ゴルフ場においてルールがありますので、しっかりと守りましょう。守れない方は出入り禁止になりますよ。

ゴルフマナー「ラウンド前」
ゴルフマナー「ラウンド後」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.