ゴルフ練習広場

ゴルフ練習「傾斜対応」の練習方法

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「傾斜対応」

傾斜対応の練習方法について

傾斜対応の練習方法 ゴルフ場はゴルフ練習場と違い、フラットな面でスイングさせてくれるところは余りありません。難しいコースなどではウェアウェイのど真ん中にも拘らず、様々な傾斜が存在します。

傾斜を考えずスイングすると、思わぬ方向に行ってしまいますし、皆さんの多くは経験していることではないでしょうか?ではどのような傾斜の場合はどのようにスイングしたら良いのでしょう?このページでは様々な傾斜に応じた打ち方をご紹介します。


傾斜によるの打ち方を解説

下記に傾斜別の適切な打ち方を解説した動画を紹介します。
動画製作元:サイエンスゴルフアカデミー(Science Golf Academy)


傾斜対応別の打ち方

左足上がり

左足上がり・左足下がりのどちらの場合にも言えることですが、ピンに対して前後の角度の場合は、基本的に斜面と垂直に立つことが理想です。左足上がりの場合、ボールが上に上がりすぎるので、飛距離は落ちます。そのため一番手大き目のクラブを選択肢ましょう。

左足下がり

左足上がりと同様に、斜面と垂直に立ちます。左足上がりとは逆にボールは上がらずトップ気味の軌道をするため、ランも加わりボールはいつも以上に飛びます。そのためいつもの番手より落とすか軽く振って調節しましょう。

つま先下がり

初心者や中級者が嫌うのがこの「つま先下がり」と「つま先上がり」です。

まずアドレスは膝を良く曲げることが重要。そして右に曲がりますので狙いはやや左目を意識します。また、クラブのロフトが寝ているクラブほど右曲がりの影響を受けるため、クラブのロフトが寝ている(つまり飛ばないクラブ)ほど狙いを左目にします。また一番手大き目のクラブを選択し右に曲がる影響を少なくするのも効果的です。

つま先上がり

まず、アドレスは短めにクラブを持ちます。つま先下がりは右に曲がりますが、つま先上がりは「つま先下がりが右に曲がる」以上に左に曲がります。特にショートアイアンでは左に行きますので、一番手大き目のクラブを選択し、軽くスイングするようにしましょう。


傾斜対応はショートコースなどがオススメ

傾斜対応の練習はなかなかゴルフ練習場などでは行えません。ゴルフ練習場は常にフラットな前提ですからね。そこでオススメなのが、ゴルフのショートコースなどです。ショートコースでは傾斜も多く、この傾斜でどのくらい曲がるのかというものをしっかりと意識して練習すれば実際にコースに出たときにも対応が出来ます。

ゴルフ練習法一覧

ゴルフ練習法@「適切なアドレス習得」
ゴルフ練習法A「アイアン編」
ゴルフ練習法B「ドライバー編」
ゴルフ練習法C「アプローチ編」
ゴルフ練習法D「傾斜対応編」
ゴルフ練習法E「バンカー編」
ゴルフ練習法F「パター編」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.