ゴルフ練習広場

ゴルフ練習「アイアン」の練習方法

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「アイアン」

アイアンの練習方法について

アイアンの練習方法 ゴルフのアイアンはパターの次に良く使うクラブです。ドライバーを完璧に身につけるより、アイアンを完璧に身に付けた方が遥かにスコアアップに繋がることは皆さんもご存知でしょう。

このアイアンには番手毎に特徴があります。先ほどの適切なアドレス習得でも述べたように番手毎にボールを置く位置を少し変えるだけで番手が違えども安定したショットが打てるようになります。


アイアンの打ち方を解説

下記にアイアンの適切なうち方を解説した動画を紹介します。
動画製作元:サイエンスゴルフアカデミー(Science Golf Academy)


アイアンの練習方法とは

1.まず意識したいのがアイアンの動き出しは臀部(おしり)からスタートします。臀部の回転とクラブの回転が一体となっていることを意識しましょう。

2.トップからインパクト直前までは、右足の蹴りから始めることで、右にあった体重を左へ移動させて強い飛ぶボールを打つこと。

3.これが重要なポイントなのですが、クラブヘッドをリリースすると言うこと。これはリリースしないと左手が回転せずボールは必ず右方向へ行きます。イメージとしてはクラブをボールへ放り投げるようなイメージで、必ずクラブヘッドがボールを追い越しながらインパクトしましょう。これをすることでボールは真っ直ぐに飛びます。

4.インパクトからフォロースルーに関しては、自分の飛んでいるボールを見ながら、左の肘を引き上げます。

以上の4点を意識して、練習しましょう。練習では右に行けばインパクトの時に左手が回転しきっていないので、それを意識して修正するなど、飛んだ玉に応じてどこを修正するかを意識しましょう。

ゴルフ練習法一覧

ゴルフ練習法@「適切なアドレス習得」
ゴルフ練習法A「アイアン編」
ゴルフ練習法B「ドライバー編」
ゴルフ練習法C「アプローチ編」
ゴルフ練習法D「傾斜対応編」
ゴルフ練習法E「バンカー編」
ゴルフ練習法F「パター編」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.