ゴルフ練習広場

ゴルフ用品の選び方「アイアン」

ゴルフ練習広場 > アイアンの選び方

アイアンの選び方

アイアンはドライバーよりも選択肢の幅が広く、どれを選んで良いか悩んでいる方が多いと思います。また、コースでプレーする中で一番多く使用するのもアイアンであり、しっかりと自分の考えで選ぶ必要があります。

アイアンの種類

アイアンには大きく分けて2種類のタイプがあります。

■マッスルバック

マッスルタイプマッスルタイプとはアイアンの重量が均等なタイプで昔の主流モデルでした。昔の主流モデルだからと言って侮ってはいけません。現在でもタイガーウッズなどのトッププロが好んで使用しているモデルなのです。

特徴としては、「打感が良い」「操作性が高い」というメリットがあり、難コースなどでボールを意図的に曲げる必要がある場合に威力を発揮します。その一方でデメリットも多く「スイートスポットが狭く芯を捉えるのが難しい」ということから、初心者では方向性が安定しないということで、上級者向けのタイプになります。


■キャビティバック

キャビティバックキャビティバックは現在の主流であり、キャビティバックの登場で上記のマッスルタイプが衰退していきました。キャビティバックは写真のようにアイアンの重量を周辺(特に下部)に集約しているタイプで、そのためにスイートスポットが広く、多少のズレでもボールは比較的安定して飛ばすことが出来ます。

キャビティバックの中にも様々なタイプがあり、より優しさを追求したモデル(重量をより周辺に移動したタイプ)や、先程のマッスルタイプに近いセミキャビティバックなどと言ったモデルもあります。

中空タイプと呼ばれるアイアンのヘッドに空洞を設けたものもあったりしますが、キャビティタイプの一種と言えます。

アイアンのシャフト選び

アイアンのシャフト選びのポイントもドライバー同様ヘッドスイング・体系・パワーに因って決まります。基本的な考え方は、自分のスイングを壊さない範囲で一番重いものを選択するのがベストと言われています。重いクラブほど芝生に負けない強いボールが打て、また体全体で打つことが出来るからです。

以下に一般的に言われているヘッドスピードに対するアイアンのシャフトの仕様を記載します。

ヘッドスピードシャフトの硬さシャフト材質
37〜40m/sカーボンシャフト
40〜43m/sSR・S軽量スチールシャフト
43〜46m/sスチールシャフト

このようにヘッドスピードに因ってある程度適切な組み合わせというものが存在します。しかしながらこれはあくまでも参考程度にしましょう。実際にヘッドスピードを測定し、有る程度自分に合ったタイプを選択しましょう。そのタイプでまた試打してみましょう。「重いなぁ・・・」「もうちょっと硬い方がいいなぁ・・・」などと思ったら店員さんなどと相談してみましょう。持った時のイメージというのはかなり重要だと私は考えます。

アイアンのソール選び

アイアンのソール最後に、アイアンのソール関してです。ソールとは英語で「足の裏」という意味がありまして、ゴルフクラブの場合は芝生と接する面のことを指します(左図)。ソールの形状も重要な部分です。ではアイアンのソールが違うとどう言った影響があるのでしょうか。

ずばり、アイアンのソールはショットの安定性・芝生の抜け具合に関係します。幅の広いソールを選択した場合は狭いタイプと比較してショットは安定します。しかしながらラフなどの芝生の長いところではその広いソールが芝生に引っ掛かってしまいやすいことになります。またラフの芝生の抜けを解消するためには狭いソールであったり、ソールの部分の抜けまで考えて丸く切り落としているタイプもあります。このように、アイアン選びはソールまでしっかり考えたいものです。

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.