ゴルフ練習広場

ゴルフ練習「ドライバー」の練習方法

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「ドライバー」

ドライバーの練習方法について

ドライバーの練習方法 ゴルフのドライバーはアイアンとは考え方が異なります。アイアンは縦振りに対して、ドライバーは横振りという感じになります。ドライバーが成功する確率が上がるほど、セカンドショット以降が楽になります。

ドライバーを何も考えずにやっている方の多くは、スライスになっている人が多いと思います。少しのことを気にすればボールはまっすぐ飛ぶようになりますし、飛距離アップにも繋がります。ではこのドライバーショットの練習方法について見ていきましょう。


ドライバーの打ち方を解説

下記にドライバーのの適切な打ち方を解説した動画を紹介します。
動画製作元:サイエンスゴルフアカデミー(Science Golf Academy)


ドライバーの練習方法とは

1.まず基本的なスイングはアイアンと異なり、縦振りではなく横振りをイメージします。具体的には野球のスイングに近い形になります。

2.また、ドライバーはシャフトが長くしなりやすいため、クラブのリリースを早めます。手首の返しをアイアンより早めに行い、インパクト時にドライバーのクラブヘッドがボールと垂直になるように心掛けましょう。ポイントはアイアンより早くリリースするということです。

以上の点を意識して、練習しましょう。ドライバーの一番重要なポイントは方向性です。右に行けばクラブのリリースが遅いと言うこと。そこを意識すればある程度の方向性は身に付きます。そして素振りを続けることで筋力アップに繋がります。これらを意識すれば方向性、飛距離共に伸びるはずです。

ゴルフ練習法一覧

ゴルフ練習法@「適切なアドレス習得」
ゴルフ練習法A「アイアン編」
ゴルフ練習法B「ドライバー編」
ゴルフ練習法C「アプローチ編」
ゴルフ練習法D「傾斜対応編」
ゴルフ練習法E「バンカー編」
ゴルフ練習法F「パター編」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.