ゴルフ練習広場

ゴルフ練習「バンカー」の練習方法

ゴルフ練習広場 > ゴルフ練習法「バンカー編」

バンカーの練習方法について

バンカーの練習方法 バンカーも苦手な人、得意な人で大きくスコアに差が出ます。バンカーを芝と全く別物と捕らえている方が多いように思いますが、芝とバンカーは実はあまり変わらないのです。それを意識してみるだけでも全然違ったものになります。

また、バンカーの距離感の調節は2つあります。どちらも必要になりますので、それぞれ練習したいところです。具体的には「削り取る砂」「スイング」の2つです。これを意識してバンカーを克服していきましょう。


バンカーの打ち方を解説

下記にバンカーの適切な打ち方を解説した動画を紹介します。
動画製作元:サイエンスゴルフアカデミー(Science Golf Academy)


バンカーの打ち方

砂の状態を確認する

バンカーはまず砂の状態を確認することが重要です。砂が硬ければボールは飛びますし、柔らかければ飛びにくいです。まずバンカーに入った時に足などで確認しましょう。

アドレスは通常と同じ

バンカーだからと言ってフェイスを寝かせて思い切り砂を削ろうなどと考えなくて良いです。バンカーだからどうだということはありません。

飛距離に調節は「削り取る砂の量」と「スイング」

バンカーで一番難しいのが距離感です。その距離感の調節は「削り取る砂の量」で調節します。削り取る砂が少なければ少ないほど芝で打っている飛距離と変わらなくなります。また砂をたくさん掴んでしまうと飛びません。また、「削り取る砂の量」と「スイング」の振り幅で調節します。

躊躇せず振りぬく

初心者の方の多くが、バンカーショットでの砂の量を調節できず苦手意識が付いてしまう方が多いと思います。フルスイングしたらOBになってしまうと考えるため、スイングも中途半端になり、ショートになったり、逆にオーバーになったりします。躊躇せず振りぬきましょう


バンカー練習はショートコースなどがオススメ

バンカーの練習は傾斜対応の練習と同様にゴルフ練習場などでは行えません。傾斜対応の練習と同様にオススメなのが、ゴルフのショートコースなどです。コースでのバンカーショットは緊張してしまう方などは、まずショートコースのバンカーをみっちり練習しましょう。バンカーショットは数を打てば誰でも成長します。まずは感触を掴むためにもショートコースがお勧めだと思います。

ゴルフ練習法一覧

ゴルフ練習法@「適切なアドレス習得」
ゴルフ練習法A「アイアン編」
ゴルフ練習法B「ドライバー編」
ゴルフ練習法C「アプローチ編」
ゴルフ練習法D「傾斜対応編」
ゴルフ練習法E「バンカー編」
ゴルフ練習法F「パター編」

Copyright © 2011 ゴルフ練習広場, All Rights Reserved.